先を見据えた介護保険のシステム確立をして下さい。

「公的年金の支給率が3年ぶりに下がる」と言うニュースが先日流れたばかりです。

物価水準が下がったからと言う理由だそうですが、これは支給率を下げるための口実で調査の仕方でどうにでもなります。年金受給者にとっては腹立たしいニュースでしたが、今度は介護保険の負担率の引き上げが閣議決定されたらしいです。現役並みに所得がある高齢者の負担を1割引き上げて3割負担にするというものですが、年収344万円が現役並み所得なんだろうか、これも引き上げるための口実だと思います。介護保険の自己負担は原則1割ですが2015年8月から年収280万円の一部について2割負担にしたばかりです。急速な高齢化に伴う制度維持でやむ得ないと言ってますが、小手先政治じゃなくもっと先を見据えた政治をやって欲しいです。
20代のイケメンの兄ちゃんが、その40代の入院患者のそばでよく、話していました。
本当に輝いて見えます笑
彼は全く病気のようには見えないのですが、線の細そうな印象を受けるのでした。
聞いた所、女難との事らしいです。
今で言うなら、女運が余りにも悪すぎて、引っかかる女性が、ろくでもない人間ばかりで、それで入院したという事だそうです。
それはよく分かるんですよね。
元々、穏やかな無害タイプなので、ぶっ壊し系の女性に縁のもつれで、色々と嫌がらせを受けたりなどあるだろうなあと、話を聞きながら思っていました。大変ですよね。

 

http://xn--eck7a5a5d1gwby556c0i9c.xyz/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です